クルーザー内装工事

2016年01月20日

こんにちは!初めまして工事部の大城です(^-^)

今回はいつもとやっているお家の工事と違って長崎ハウステンボスに停泊クルーザーの内装工事を行いましたので、少し話したいと思います!

何の工事をしたかと言いますと、収納場所を新たに作りました。

その時に使った材料が「ヒバ」という木材です!ピンとこない方もいると思いますので少し紹介しますね。

雪の多い地方でなければ育たないと言われる「青森ヒバ」は、北の厳しい風雪に耐えながらゆっくり年輪を重ねます。長い年月をかけてじっくりと成長した「青森ヒバ」だからこそ、緻密で狂いが少なく、木目も細やかで美しい木材になります!。

「青森ヒバ」は、その長い歳月で培った強固で細やかな木目により、木の大敵である水にも強く、腐りにくい性質を持っています。

これを証明しているのが、青森県下北半島・猿ヶ森の約800年前に大津波によって埋もれ木になった「ヒバの埋没林」です。

この木の調査からわかったのは、800年も経過した埋もれ木にもかかわらず、腐朽しているのは表面のたった2センチほどだけ。なんと中は今でも製材として使えるものがほとんどだったらしいです!

凄くいい材料ですよね(^^♪

miryoku_whathiba_0120140418_185521

この写真が工事したクルーザーです。

もちろんヒバはお家にも使われます。その場所としてウッドデッキに最適ですね!

水に強く長持ちしますのでおすすめしますよ(^o^)/

もしウッドデッキを作りたいなぁとお考えの方はリフォームのマツフジに是非ご相談下さい!違う材料も用意出来ますので分からない事などご相談下さい。

それではまた工事部でもブログを書いていきたいと思います!よろしくお願いします<m(__)m>