工事部より、床張替え工事について

2016年06月23日

こんにちは、初めまして施工部の河野です(^-^)

今回は今日工事をした内容で床下の事が気になりましたので、書きたいと思います。

畳からフローリングへの張り替えの下地工事をしましたが、そこは物凄く湿気が多く元の下地の木は使えませんでした!

なので、畳の下地は全てやり変える事にしました。

もともと湿気が多い場所というのもあると思いますが、湿気も放っておくと下地やその上に張っている畳やフローリングまでだめにしていきます。

湿気はどうしても季節によっては多くなりますので、全ては難しいかもしれませんが特に多い部屋などは床下に調湿材をひいたり、まくことをおすすめします!

それだけでも、畳やフローリングを長く保つ秘訣になりますよ(^^)v

湿気を抑えるだけではなく、白アリ被害の予防や脱臭効果もありますので是非湿気が多い家は調湿材をまきましょう。

それではまた工事の際に気になった事などありましたら書いていきたいと思います。

気になる事がありましたらリフォームのマツフジまでご連絡下さい。

失礼します<m(__)m>